自宅で仕事をしている人は、ランチを自宅で済ませられるので便利ですしコストも安くなりますが毎日自分で作る生活をしているとランチのメニューがワンパターンになってしまうこともありますよね。
安く済ませられるけれど毎日ほとんど同じようなメニューばかりを摂っているという人も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのがセブンイレブンの宅配弁当です。
色々宅配弁当や出前のお弁当などがありますが、セブンイレブンのお弁当宅配サービスのメリットはその安さです。
一食あたり500円程度にも関わらずおかずも充実してご飯も付いています。
しかも配達は近所のセブンイレブンから店員さんが配達してくれるので送料もかかりません。
その日に作られたお弁当なので、宅配弁当といっても冷凍されているものではなく、コンビニに並んでいるお弁当と同じようなクオリティのお弁当を自宅まで配達してくれます。
仕事が忙しくて、ランチを買いにいく時間がない人や子育てで自宅を離れることができないときのランチにも良いです。
事前に1週間分を注文しておけば、自宅やオフィスに毎日配達してくれます。

一回のみの配達もしてもらえますが、当日注文では対応してもらえないので事前に数日前から注文しておく必要があります。

セブンイレブンのメニューは和洋折衷

セブンミールのお弁当はハンバーグなどの洋食はもちろん、魚料理などの和食など様々なジャンルの料理が食べられます。
毎日自分でメニューを考えるのが面倒な人には、セブンミールの献立次第で毎日違う食事が食べられるのでおすすめです。

セブンミールのメニューは管理栄養士が栄養バランスを監修したメニューなので、栄養が偏りがちな食生活の人には嬉しいメニューを提供してくれます。
塩分の量も適度に抑えられていますから、塩分をとりがちな日本人の食生活を見直すきっかけにもなります。

1人暮らしの高齢者のお昼ごはんにもおすすめ

1人くらいの高齢者さんは、食材を買い出しに行ったり、お昼ごはんを買いに行ったりすることが難しい方もいます。
かと言って毎日出前などを頼むにはコストがかかります。そんなときにもセブンミールの宅配弁当は便利です。
1食あたり500円で購入できるので、平日5日を4週間注文しても、毎月1万円程度でランチ代が賄えますし、栄養バランスも整った食事を摂ることができるので、コスト面からしても栄養面からしてもとてもおすすめです。

reitoubentou007
自宅で仕事をしている個人事業主の人や主婦の方の昼食におすすめしたいのが宅配食です。自宅から出ることは出来ないけど、自宅で仕事ができる人は、毎日の昼食代を外で仕事している人よりもコストが安く済ませられる傾向があります。出前などで賄ってしまうとコストはかさみますが、コンビニのお弁当などで済ませると安上がりになります。しかし、毎日コンビニの食事だと飽きてしまいますし、栄養バランスの心配もあります。こんな時におすすめなのが宅配食です。
宅配食はタンパク質の制限や糖質の制限、塩分の制限がされているメニューで構成しているおかずを詰め合わせているお弁当なので、カロリーバランスも栄養バランスもコンビニのお弁当よりも安心して食べられます。

お昼ごはんを買いに外出できない人もいますから、宅配してくれる宅配食はこの点においても便利なサービスです。
冷凍の状態で毎月一回、もしくは毎週一回配達してくれるので冷凍庫で保存しておけばレンジで温めるだけでいつでも食べられることも大きなメリットです。
仕事の忙しい時や昼食の時間が多くは取れないときなど、いつでもレンジだけで調理できる宅配食は自宅で働く人にとっても、大きなメリットがある食事サービスです。
コンビニのお弁当よりも安いお弁当があるので、毎月の食費を軽減することができるというメリットもあります。

コストカットしながら、栄養バランスがよい食事をとれる宅配食はおすすめのサービスです。